本文へスキップ
キャチロボバトルコンテスト ~機械は人間の手を超えられるか~

大会概要profile

キャチロボバトルコンテストは、京都工芸繊維大学・ロボコン挑戦プロジェクト、 立命館大学・ロボット技術研究会、大阪大学・Robohan、同志社大学・ロボット研究会、大分大学・ROUTEが実行委員となり、全く新しいコンセプトで開催される「ロボットコンテスト」です。

キャチロボバトルコンテストについて

大学生・高専生の技術レベル向上の支援、本気で「ものづくり」に取組む姿勢を応援する目的で創設された大会です。課題のクリアを通してマテリアルハンドリングの技術を学び、大会後に、技術的なアドバイスを受けることができます。この大会を通じて、参加者の技術レベル向上を図ります。

近年、産業界における機械化の進展は目まぐるしく、これまで人の手でしかできなかったことの多くが機械化・ロボット化されてきました。本コンテストでは、『機械は人間の手を超えられるか?』をメインテーマに、産業機械において重要なハンドリング技術を競っていただきます。

いかに速く、精確に、効率よくワークを運べるか…皆さんの技術とアイデアでこの課題に挑戦して下さい。

第10回記念大会概要

大 会 名 称 キャチロボバトルコンテスト ~機械は人間の手を超えられるか~
開 催 概 要 Catch the ビスコ!

135cm×135cm・深さ100cmのキャッチャーフィールド(競技フィールド)に入っているワークを、各チームが趣向を凝らして制作した自作ロボットを用いてキャッチし、シューティングボックスに入れば得点。3分間というバトルタイム内に、如何に多く得点できるかを競います。

本大会のワークはワークは江崎グリコ様の「ビスコ」です。今年のルールのキーポイントは「ワークの集積、整列」「傾斜面へのシューティング」「赤・青チームで左右反転したフィールド」。豊かなアイデアと高い技術力が詰め込まれた、各チーム自慢のオリジナルロボットによる白熱のバトルをご期待ください。

詳細は、大会ルールブックページをご確認ください。

Catch the ビスコ!
日   程 2020年9月予定
会   場 京 都 ※会場が決定次第お知らせします
出場チーム 最大46チーム(応募多数の場合は書類選考を行います)
表   彰 大会最大!優勝賞金50万円!
準優勝、アイデア賞、審査員特別賞、参加賞などを予定しています。
また、参加チームには参加賞としてもれなく 3万円支給します!
特   典   ロボット製作を強力に支援
製作するロボットにどうしても必要な部品等がある場合、後援企業である京都製作所から支援を受けることができます。
エントリー締切 2020年5月31日


キャチロボバトルコンテスト実行委員会

主  催 京都工芸繊維大学 ロボコン挑戦プロジェクト
立命館大学    立命館ロボット技術研究会
大阪大学     Robohan
同志社大学    ロボット研究会
大分大学     ROUTE
後  援 株式会社京都製作所  


キャチロボバトルコンテスト事務局

〒613-0916
京都市伏見区淀美豆町377-1
(株)京都製作所

TEL 0120-20-9102
Mail:catchrobo@kyotoss.co.jp